造園・エクステリア科
造園・エクステリア科

緑のある暮らしのサポーター!

造園・エクステリア科では、個人住宅の樹木の剪定や植栽及び維持管理に加え、門や塀のブロック組積や塗壁、門扉、フェンス、カーポート等のアルミ製品の施工ができる技術を学びます。

業界の展望

造園・エクステリア工事は、商業施設における中庭や空中庭園の施工から、暮らしへのこだわりをいかした理想的なエクステリアを求める個人の依頼まで、さまざまなお客様からの幅広いニーズに応じた仕事があります。そして、世界規模で環境問題への取り組みが進む今日、温暖化対策の一環としての緑化政策の広がりの中で、造園・エクステリアの役割はますます重要になると考えられます。

募集要項

主な就職先

就職率

100%

(令和元年度・ 令和2年度修了生)

(株)アルファグリーン、(有)池上産業、(株)インザフィールズ、(有)岡野園芸、(株)岡本組、(株)小野吉、(株)香川産業、坂本組、(株)左官リフォーム西山、 (株)サピックス、三洋建設工業(株)、下電造園土木(株)、(株)なんば建築工房、「庭」本郷、FINE.co、(株)フジムラ、(株)堀川組、 (株)山善、(株)山都屋、吉本造園、(株)Lifeコーポレーション、(株)Links

取得可能な資格

【訓練期間中に取得を目指す資格等】
3級技能士(造園工事作業)、小型移動式クレーン技能講習※、玉掛技能講習※、高所作業車技能講習※、フォークリフト運転技能講習※、車両系建設機械特別教育※、フルハーネス(安全帯) 技能講習※ ※ただし18歳未満の方は法令により※印の技能講習・特別教育は受講できません。詳しくは南部校までお問合せ下さい。
【修了後に取得を目指す資格等】
2級技能士(造園工事作業・左官作業・コンクリートブロック工事作業)

造園・エクステリア科の強み

充実した授業

個人住宅の庭づくりの基本や樹木管理、組積、左官作業など、1年を通じた実習を行うことで、実際の仕事の現場に直結した訓練を積むことができます。

豊富な訓練用樹木

校内に多数の樹木が植えてあるので、剪定した樹木の変化を年間を通して確認することができます。

高い就職率

県内の造園・エクステリア業界から幅広い年齢層の求人をいただいており、就職活動ではきめ細かいサポートを行うので心配ありません。

新たなカリキュラム

令和4年度から、従来の造園技術に加え、左官作業、ブロック積み、タイル貼り作業を学べるようになりました。

1年間 の訓練の流れ

修了生・就職先企業からの
メッセージ

新たな職種での再スタート。1年間の訓練で職人技を身に付けて、やりたかった仕事にレッツゴー

就職先での業務内容
専門校から造園企業に就職しての初仕事は植栽でした。植栽は樹木の周囲をバックホウで掘った後、スコップできれいに根鉢の形を整えます。その後根巻きを行い、玉掛けした後他の場所に植えます。私は専門校で植栽の実習をしていたおかげでスムーズに作業することができました。また、在校中に玉掛技能講習の資格を取得していたので樹木の移動の際に役立ちました。他にも玉仕立てや生垣の剪定も習っていたので実践で役立ちました。他の業務には草刈りや芝の植栽と外構工事も施工します。剪定業務は教わりながら行いますが、勤務中なので全てを習えません。やはり専門校でみっちり訓練したほうが良いと感じました。その他専門校で習った竹垣はもちろんブロック・レンガ組積の外構訓練も役立ちます。造園・左官・ブロック企業に就職を目指す方は、経験したことが仕事ですぐに活用できます。ぜひ入校して訓練を受講して技術を磨いてください。

田枝 沙織さん

令和2年度修了生
株式会社山都屋 勤務

田枝 沙織さん

令和2年度修了生
株式会社山都屋 勤務

新たな職種での再スタート。1年間の訓練で職人技を身に付けて、やりたかった仕事にレッツゴー

就職先での業務内容
専門校から造園企業に就職しての初仕事は植栽でした。植栽は樹木の周囲をバックホウで掘った後、スコップできれいに根鉢の形を整えます。その後根巻きを行い、玉掛けした後他の場所に植えます。私は専門校で植栽の実習をしていたおかげでスムーズに作業することができました。また、在校中に玉掛技能講習の資格を取得していたので樹木の移動の際に役立ちました。他にも玉仕立てや生垣の剪定も習っていたので実践で役立ちました。他の業務には草刈りや芝の植栽と外構工事も施工します。剪定業務は教わりながら行いますが、勤務中なので全てを習えません。やはり専門校でみっちり訓練したほうが良いと感じました。その他専門校で習った竹垣はもちろんブロック・レンガ組積の外構訓練も役立ちます。造園・左官・ブロック企業に就職を目指す方は、経験したことが仕事ですぐに活用できます。ぜひ入校して訓練を受講して技術を磨いてください。

身に付けた技術を活かし、会社の中心として景観作りに携わっています。

造園業を含め職人的な技能を必要とする職種は、高齢化に伴う人手不足が続いております。しかし、社会全般では環境への意識が高まっており、多様な造園・エクステリアが求められております。造園業では、顧客との打合せで先方の思いをくみ取り現場が完了した時の喜びや、身につけた技術を自分の体や手を使い表現して、樹木が美しい景観となっていく喜びがあります。求められる人材は、大変幅が広い職種ですので一つの作業だけでなく色々な事に興味を持って取り組める人です。また、気持ちの良い挨拶や身だしなみも大切なマナーです。専門校では、初めての作業ばかりで苦労することもあると思いますが、様々な年代の方と協力して基本を学ぶ事ができます。私も23年前にお世話になりました。当社でも卒業生が3人勤務しており、専門校で学んだ事が基礎となり中心メンバーとして活躍しています。

松本 直之

株式会社サピックス 緑化事業部長
令和3年12月寄稿

松本 直之

株式会社サピックス 緑化事業部長
令和3年12月寄稿

身に付けた技術を活かし、会社の中心として景観作りに携わっています。

造園業を含め職人的な技能を必要とする職種は、高齢化に伴う人手不足が続いております。しかし、社会全般では環境への意識が高まっており、多様な造園・エクステリアが求められております。造園業では、顧客との打合せで先方の思いをくみ取り現場が完了した時の喜びや、身につけた技術を自分の体や手を使い表現して、樹木が美しい景観となっていく喜びがあります。求められる人材は、大変幅が広い職種ですので一つの作業だけでなく色々な事に興味を持って取り組める人です。また、気持ちの良い挨拶や身だしなみも大切なマナーです。専門校では、初めての作業ばかりで苦労することもあると思いますが、様々な年代の方と協力して基本を学ぶ事ができます。私も23年前にお世話になりました。当社でも卒業生が3人勤務しており、専門校で学んだ事が基礎となり中心メンバーとして活躍しています。