溶接科
溶接科

手に職つけるなら、絶対溶接!!

溶接は、金属同士を接合し、様々な形状の部品を作り出す技術です。溶接科では、金属加工製造業で必要とされる、手作業や各種工作機械の操作方法、ガス溶接・溶断、プラズマ切断、被覆アーク溶接、半自動アーク溶接、TIG溶接、溶接ロボット操作、製図、CAD操作、金属の破壊検査・非破壊検査、安全衛生等を学び、溶接を軸とした幅広い技術・技能を習得します。

業界の展望

溶接は、自動車、航空機、鉄道車両、高層ビルの骨組みや橋梁、船舶など多くの構造物の強度と安全を支える重要な技術です。様々な条件を整えることや細かな操作が必要とされ、作業者の力量によって仕上がりの良し悪しが明確に分かれる奥の深い技術です。県内には県南の工業地帯をはじめ、溶接関連の求人が多数あります。

募集要項

主な就職先

就職率

100%

(過去3年間)

アップウェルド(株)、エムイーシーテクノ(株)中国事業所、山陽鉄工(株)、JFEプラントエンジ(株)倉敷事業所、巴ライジング(株)、(株)平野鐵工所、(株)三井E&Sマシナリー、弥生機工(株)

取得可能な資格

【訓練期間中に取得を目指す資格等】
溶接適格性証明書(溶接作業を行う技能者の技量をJIS基準に基づいて評価試験を行い、合格すると認証される資格です)、ガス溶接技能講習、アーク溶接特別教育、自由研削といしの取替え等の業務特別教育、技能士補(職種:溶接)
【修了後に取得を目指す資格等】
2級技能士(職種:金属プレス加工、建築板金、工場板金)

溶接科の強み

溶接はおもしろい!

目の前で鉄を赤熱させ溶かして溶接することは、想像以上に迫力があります!そして、溶接はやればやるほどに奥が深く、技を追求して上手にできた時の達成感、高揚感は、経験した人にしか味わえません!

溶接を学ぶと、生涯の強みになる!

一度習得した溶接の技術は、生涯活かすことができます。実践を重ねるほどに上達するため、修了後も現場で技術を磨き続ければ、将来重要な役割を任せられるようにもなるはずです。

溶接を軸としたカリキュラムの充実

実際の溶接作業だけではなく、図面の読み方、穴開け、曲げ、切断、仕上げ、品質検査など、溶接に関連した一連の工程を幅広く学べます。また、訓練期間中に就職後に必要な資格取得を目指せるカリキュラムとなっています。

1年間 の訓練の流れ

修了生・就職先企業からの
メッセージ

溶接技能者評価試験の基本級を取得して いるので、就職後早くレベルアップできます。

現在の業務内容は、主に石油化学プラントの製缶・配管工事における組み立てや溶接などを行っています。
専門校に入校したきっかけは、溶接工である父の勧めもあり、専門校では1年という短い期間で基本的な知識・技能が学べて資格取得もできるので入校を希望しました。仕事で役に立っていることは、入社当初、工具を始め機械の名称や使い方について覚えるのに苦労しなかったことです。また溶接の資格も基本級を取得しているので早くレベルアップできます。
現在でも、溶接技能者評価試験や溶接技術競技会において専門校の先生に色々とアドバイスをもらっています。

古市 直也さん

平成30年度修了生
エムイーシーテクノ株式会社 中国事業所 勤務

古市 直也さん

平成30年度修了生
エムイーシーテクノ株式会社 中国事業所 勤務

溶接技能者評価試験の基本級を取得して いるので、就職後早くレベルアップできます。

現在の業務内容は、主に石油化学プラントの製缶・配管工事における組み立てや溶接などを行っています。
専門校に入校したきっかけは、溶接工である父の勧めもあり、専門校では1年という短い期間で基本的な知識・技能が学べて資格取得もできるので入校を希望しました。仕事で役に立っていることは、入社当初、工具を始め機械の名称や使い方について覚えるのに苦労しなかったことです。また溶接の資格も基本級を取得しているので早くレベルアップできます。
現在でも、溶接技能者評価試験や溶接技術競技会において専門校の先生に色々とアドバイスをもらっています。

基礎的な技能・知識が身についているので 入社後の指導もしやすいです。

当社は国内最大級化学メーカーの設備保全を半世紀にわたり行ってきました。その豊富なスキルとノウハウを若い社員に継承し、優秀な人材を育成していくことは、私どもの重要な役割となっています。専門校の修了生は溶接・製缶に関する基礎的な知識・技能を習得されているので、入社後の指導もしやすく技能のレベルアップも速くてスムーズです。今年度の岡山県溶接技術競技会において手溶接の部で古市君が優勝できたのも、専門校で基礎的な技能を身につけていたからこそ成し得た結果だと思います。当社は毎年のように求人を出させていただいております。未経験の方や興味のある方は是非一度専門校溶接科を見学されては如何でしょうか?

内山 和弘

エムイーシーテクノ株式会社 中国事業所 機械工事部 工事施工グループマネージャー
令和3年12月寄稿

内山 和弘

エムイーシーテクノ株式会社 中国事業所 機械工事部 工事施工グループマネージャー
令和3年12月寄稿

基礎的な技能・知識が身についているので 入社後の指導もしやすいです。

当社は国内最大級化学メーカーの設備保全を半世紀にわたり行ってきました。その豊富なスキルとノウハウを若い社員に継承し、優秀な人材を育成していくことは、私どもの重要な役割となっています。専門校の修了生は溶接・製缶に関する基礎的な知識・技能を習得されているので、入社後の指導もしやすく技能のレベルアップも速くてスムーズです。今年度の岡山県溶接技術競技会において手溶接の部で古市君が優勝できたのも、専門校で基礎的な技能を身につけていたからこそ成し得た結果だと思います。当社は毎年のように求人を出させていただいております。未経験の方や興味のある方は是非一度専門校溶接科を見学されては如何でしょうか?