塗装科
塗装科

中国5県で唯一、 塗装が学べる訓練科

塗装は、製品を美しく見せることはもちろん、サビなどの劣化から塗膜で保護、長持ちさせ、地球環境保全や持続可能な社会の目標達成にも貢献できる技術です。塗装科では、住宅やビル、橋梁の新築、塗替えを行う「建築塗装」、自動車のキズ・ヘコミを治す「自動車補修塗装」、金属製品や住宅建材などの仕上げをする「工業塗装」の3つの分野を中心に、1年間学びます。

業界の展望

現在、建築工事の約80%は改修工事といわれ、戸建住宅やビルの改修には、塗替え塗装が必要とされます。また、自動車は、従来の鉄に代えてアルミや樹脂部材が多用され、自動ブレーキや自動運転など車体全体がセンサー化されていることにより、その塗装には、より深い知識と高い技術力が求められています。

募集要項

主な就職先

就職率

100%

(過去3年間)

(有)宇野自工、(株)クラコー、(株)コンチネント・NYC、山陽電研(株)、島津塗装(株)、(有)正光外装、大陽塗装工業(株)、(株)ティーエス自動車、翼工業(株)、(株)トマリ、ネッツトヨタ岡山(株)、備南染工(株)、藤井塗装(株)、(株)藤原塗装工業所、BRUSH&PAIL.Co、(有)プロステージ、(有)松尾、山口自動車(株)

取得可能な資格

【訓練期間中に取得を目指す資格等】
乙類第4類危険物取扱者、足場組立て特別教育、墜落制止用器具特別教育
【修了後に取得を目指す資格等】
2級技能士(金属塗装作業・建築塗装作業・鋼橋塗装作業)

塗装科の強み

初心者でも安心!

入校した訓練生の大半が塗装未経験。基本的な実習からスタートするので、安心して訓練が受講できます。

実習重視のカリキュラムで確かな技術を

実習重視のカリキュラムで、スプレーガン、ローラー、刷毛、サンダー、ポリッシャーなど塗装で使われる機器の扱いに慣れ、就職先企業求められる確かな技術が身に付きます。

就職率100%!!

県内の建築塗装店、自動車鈑金塗装店、配電盤、工作機械、農機具、住宅建材、家具など塗装の技術が必要とされる製造業界を中心に安定した求人があります。

1年間 の訓練の流れ

修了生・就職先企業からの
メッセージ

専門校で学んだことで入社後もスムーズに。 やりがいと達成感を感じています。

事故で傷ついたお客様の車の補修や軽いキズ、ヘコミを弊社販売車両で発見した場合の手直しを担当しています。
自動車鈑金塗装は高度な技術や経験が必要です。
やりがいや達成感があり、楽しい仕事です。パテ研磨やプラサフ塗布、塗装機器の扱い方など、専門校で学んだ知識が即、入社後、生かされています。1年間訓練を経験したことで、仕事をスムーズに覚えることができます。専門校を修了して半年過ぎましたが、塗装作業を任される機会も増えました。新品部品も塗装します。
是非、専門校の塗装科で塗装の魅力に触れて欲しいと思います。

松本 優輝さん

令和2年度修了生
株式会社コンチネント・NYC 勤務

松本 優輝さん

令和2年度修了生
株式会社コンチネント・NYC 勤務

専門校で学んだことで入社後もスムーズに。 やりがいと達成感を感じています。

事故で傷ついたお客様の車の補修や軽いキズ、ヘコミを弊社販売車両で発見した場合の手直しを担当しています。
自動車鈑金塗装は高度な技術や経験が必要です。
やりがいや達成感があり、楽しい仕事です。パテ研磨やプラサフ塗布、塗装機器の扱い方など、専門校で学んだ知識が即、入社後、生かされています。1年間訓練を経験したことで、仕事をスムーズに覚えることができます。専門校を修了して半年過ぎましたが、塗装作業を任される機会も増えました。新品部品も塗装します。
是非、専門校の塗装科で塗装の魅力に触れて欲しいと思います。

若手が求められている業界。 向上心のある方を待っています。

自動車鈑金塗装業界の就職希望者は減少しております。技術向上を含めた若手の育成、世代交代などが今後の課題です。基本的な技術を取得している方、それ以上に人間性に優れた方、素直で向上心があり何色にも染められる人材を求めております。業務を行いながらの技術指導は時間を取られます。その折、作業効率が低下する事が課題です。専門校での基礎知識、技術、社会人としての心得などを教えて頂けると言う事は企業側からすると素晴らしい事であり、必要な事だと考えております。松本君は4月に入社後、即戦力として頑張っています。向上心があり、日ごとに技術もレベルアップしております。何事にも、真面目に、一生懸命取り組む姿勢が素晴らしいです。

吉田 英幸

株式会社コンチネント・NYC 常務取締役
令和3年11月寄稿

吉田 英幸

株式会社コンチネント・NYC 常務取締役
令和3年11月寄稿

若手が求められている業界。 向上心のある方を待っています。

自動車鈑金塗装業界の就職希望者は減少しております。技術向上を含めた若手の育成、世代交代などが今後の課題です。基本的な技術を取得している方、それ以上に人間性に優れた方、素直で向上心があり何色にも染められる人材を求めております。業務を行いながらの技術指導は時間を取られます。その折、作業効率が低下する事が課題です。専門校での基礎知識、技術、社会人としての心得などを教えて頂けると言う事は企業側からすると素晴らしい事であり、必要な事だと考えております。松本君は4月に入社後、即戦力として頑張っています。向上心があり、日ごとに技術もレベルアップしております。何事にも、真面目に、一生懸命取り組む姿勢が素晴らしいです。